ベルギー人難病少年「日本の取材は最低だ」

「ぼくは世界中のドキュメンタリー番組で人生を語ってきた。ベルギー国内5回、 フランス2回、ドイツ2回、イギリス1回、そして日本2回。 たいがい楽しくやったけど、日本の取材班にだけはほとほと困らされた」。 世界でも希な難病を患うベルギー人少年ミヒル君(15才)は、昨年出版した自著の中で、 日本からの取材班がいかに虚構を描こうとするか、静かな怒りを込めて書き綴っている。 筆者も、テレビ番組取材のためのリサーチやコーディネートを請け負うことがあるが、 そのあまりに身勝手で無謀なロケに閉口することが少なくない。 そのやり方は、他国の取材班と比べても、極めて独特であり、現地社会で顰蹙を買う場合も多い。 何がミヒル君を困らせたのかを検証しながら、海外各地のコーディネータ仲間、そして 筆者自身の経験と照らし合わせて、日本の海外ロケの問題性を明らかにしてみたい。 ミヒル君の病気は、全身の老化が異常に早く進行してしまう早老症疾患『プロジェリア』だ。 世界で確認されている存命患者数は40名ほど。平均寿命が13才位とされること、また、 ミヒル君の家族では兄妹で揃って罹患していることなどからメディアの注目を浴びてきた。 日本からのテレビ取材を受けたのは2009年のこと。取材当時、平均寿命とされる13才に そろそろ近づこうとしていたミヒル君を前に、カメラは『死の影に怯える悲壮な少年と家族』を 描こうと必死だった。 サッカー選手になりたいという将来の夢を語らせておいて、「でも、君に未来はないよね」と 声をかける。それでも涙を見せないミヒル君を、とうとう祖父の墓まで連れて行き 「もうすぐ、君もここに入るんだね、大好きなおじいちゃんに会えるね」とたたみかける。 ミヒル君はこう回想する。「ぼくの目に涙が出てきたら、彼らはズームアップして撮った。 その顔を後で見たけれど、それは僕の顔じゃなかった」と。ミヒル君の父親はとうとう爆発し、 「もう止めだ。偽りの姿を見せたくはない。私達家族は悲嘆に打ちのめされているわけではない。 それが気に入らないなら、荷物をまとめてさっさと帰ってくれ」と叫んだという。

http://webronza.asahi.com/global/2014071400001.html