渡邉恒雄の語る 特攻隊の現実

渡邉恒雄

特攻に行くのは、最初は長男は許された。長男はいい、次男はいけ、というわけだ。それがそのうちに長男も次男もなくて、志願するものは一歩前へ出ろ。一歩前へ出ると、それはもう明日には死ぬわけだ。出ないやつは助かるが、あとでボコボコにやられるわけです。それで、そんなにやられるならおれも一歩前だ、と出る。勇んで行くどころか、皆首を垂れ、うなだれたような悲哀を感じさせる姿としか思えなかった。

田原総一朗 

お国のためとか、天皇のために、特攻に出たんじゃない。

渡邉恒雄 

とんでもない。ほとんど暴力による強制です。この間、僕は政治家たちに話したけど、NHKラジオで特攻隊の番組をやった。兵士は明日、行くぞと。その前の晩に録音したもので、みんな号泣ですよ。うわーっと泣いて。死にたくないって。戦時中、よくこんな録音を放送できたと思う特攻隊の死ぬ前の晩の声。勇んでいって、靖国で会いましょうなんか信じられているけど、ほとんどウソです。

 

田原総一朗責任編集『オフレコ!』(アスコム)2005年 Vol.1