日本人はレイシストすぎて民泊は無理

「民泊」とは、旅行者などが一般人の住宅に宿泊することだが、訪日外国人の急増により、 昨年頃から日本でも急拡大している。ホテル不足で政府も民泊ビジネスを後押しするため、 規制緩和を予定しているが……その実態に迫った! 「日本の建物は壁や床が薄く、外国人が普通に会話しているだけで近所迷惑になって しまう」 外国人宿泊客が巻き起こす民泊トラブルの背景に、日本固有の住宅事情を指摘するのは 世界20か国以上の民泊を渡り歩いた米国人男性(38歳)だ。彼は日本の民泊の物足りなさ についてこう話す。 「欧米の民泊は、家主が留守の間、臨時的に貸し出す『サブレット』が多く、観光地で ない場所にもホストがいる。しかし日本では、営利業者っぽいホストばかりで、価格を 見てもホテルと大差ない。観光客が来ない農村や漁村でこそ、民泊してみたいと思う外国 人は僕も含め、多いと思います」 一方、目を疑うような物件を目にしたこともあるという。 「名古屋のあるホストの中年女性が、予約時に出身国を尋ねてきた。泊まってみると韓国 人や中国人の悪口ばかりを言う人物だった。あげくに『アジア人のゲストはお断り』と 平然と言い放っていました。友人たちの話を聞くと、本音では欧米人しか泊めたくない ホストが日本には少なくないようです。こうした人種差別的な行為は、欧米では犯罪に なります」 日本の民泊でクリアされるべき課題は法整備だけではなさそうだ。

http://nikkan-spa.jp/1058823 