読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1962年に日本が経済大国になると予想し的中させたエコノミスト誌。2050年の日本はクソ貧乏の後進国になると予想。

1962年、英エコノミスト誌は「日本が世界的な経済大国に成長する」と予測し、そしてそれは現実となった。ただ残念なことに、 今回の同誌の予測において描かれているのは、かつてたどった成長の道を真っ逆さまに転げ落ちていく日本の姿だ。 2050年、日本は平均年齢52.3歳という前代未聞の老人国家となっている。 2010年に全世界GDPの5.8%を占めた日本のGDPは、 たったの1.9%になっている。「一人当たりGDPならまだまだ若い国には負けとらんじゃろう」と思う人もいるだろうが残念なことに一 人当たりGDP購買力平価)で中国とそれほどの大差は既になく、アメリカや韓国の半分程度と、もはや先進国とは言えないレベ ルに落ち着いている。 まあ被扶養者と労働人口が同じ割合なんだから、仕方ない。通勤ラッシュという言葉は死語になっているかもしれない。だって、オ フィスで働く人とほとんど同じ数のリタイヤ世代が存在しているのだから。 もっとも、彼らの社会保障費を賄うために、サラリーマンは今以上の重負担に喘いでいるのは間違いない。 これが「子作りや子供の教育を二の次にして、老人にばかり仕送りをし続けた一族」の末裔の姿だ。

http://blogos.com/article/46217/