読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジム・ロジャーズ「日本は少子高齢化と巨額の政府債務で消滅する」

日本には次の3つの選択肢があります。(1)子どもを増やす、(2)移民を受け入れる、(3)生活水準を下げる。あなた方は(1)と(2)には「NO」と言っている。では(3)を受け入れるかどうか、ということです。

私は日本人ではありませんし、これはあなた方自身の問題です。まだ決心がつかないのなら、目の前の数字を直視して、これから20年後、30年後のことを想像してみてください。

もちろん少子化は日本だけの問題ではありません。ヨーロッパやシンガポールなど、同様の問題を抱えている国はたくさんあります。ですが他の国は、合法的あるいは非合法的に移民を受け入れている。ところが、日本はいまのところ移民を受け入れる姿勢を見せていません。出生率が下がり、人口が減り、高齢化は進む。でも移民を受け入れない。少子化問題において、世界で最も厳しい状況にあるのに、膨らみ続ける財政赤字にも苦しんでいる。この組み合わせは最悪です。

結果として国力が衰えれば、国外に逃げ出す若い人も増えるでしょう。中国、ベトナムシンガポール、オーストラリア、ブラジルなどに、どんどん日本人が流出し、人口がますます減少する。東京は大好きな都市ですが、このままでは、この先、同じようにすばらしい都市であり続けるかどうかはわかりません。これは私個人にとっても残念なことです。寿司も好物のうなぎも、そして美しい日本女性も(笑)、この世から消えてなくなるかもしれませんからね。