日本を凡庸な国に変えたのは何か

日本が直面している最も深刻な課題は、人口問題だ。日本社会は高齢化が深刻で、若い世代の数が不足している。これと比べれば、停滞に陥った経済、リーダーシップのある指導者の不足といったその他の問題は、問題にもならないほどだ。日本の人口問題が効果的に解決されなければ、国の将来は暗いものになる。シンガポールも低出生率の問題に直面しており、私たちは日本と比べて楽観できるわけではない。

しかしこの二つの国には、本質的な差がある。シンガポールは移民受け入れにより、この問題の一部を解決した。 一方で日本人は移民排斥で有名な民族だ。いわゆる大和民族の純血を維持することは、日本人にとって当たり前の、根深い考えのようだ。これが原因で、外国の移民受け入れにより出生率の問題を解決しようと、公の場で議論しようとする人がいない。日本の一般人にせよ、政治界のエリートにとっても、これは最初から選択肢でさえないのだ。

私は日本人が示した、大和民族の純血に対する誇りを目にしたことがある。第二次世界大戦中に、日本がシンガポールを植民地にした数年間、私はキャセイパシフィックのビルで英文誌の編集員だった。 日本軍の兵士は毎年12月8日、そこで祝賀式典を開いていた。彼らは日本刀を振りかざし、「我々日本人は、天照大御神の子孫だ」と口にしていた。当然ながら現在の日本人はこんなことを言わないだろうが、心の奥深くではこれを信じ続けており、変化が生じていないと思う。 心の奥底で、このような教え(我が民族は神聖であり、その他の民族は劣等だ)を深く信じているならば、多くのことが進めにくくなる。 例えば移民により人口の構造的な問題を解決するという常識的なプランは、一つの選択肢になったこともなければ、口にすることのできないタブーでさえある。

例えば私が日本の指導者であれば、見た目が日本人と大差ない民族、例えば華人、高麗人、さらにベトナム人を受け入れようとするだろう。 日本国内には実際に、華人、高麗人、ベトナム人、その他の国の人が居住している。私は高麗人が56万6000人、華人が68万7000人というデータを目にしている。 彼らは日本語を上手に話し、生活習慣とマナーは身辺の大和民族の日本人と変わりない。これらの日本に住む外国人は、日本社会に完全に溶けこむことを願っている。しかし日本社会は事実上、これらの日本で生まれ育った人をも完全に受け入れることができない。これは日本人が、これらの人を「自分たちと違う民族」と見なすからだ。

人口とその構造は、国の運命を左右する重要な問題だ。一国の人口が減少あるいは次第に高齢化するということは、その国が衰退へと向かっていることを意味する。高齢者は家でテレビを見ていれば快適という場合が多く、高級レストランに行くことも少なければ、車を買い替えたり、スーツやゴルフクラブを買うこともない。高齢者は必要なものがすでに揃っており、消費が極端に減るのだ。この点、私は日本の未来に強い危機感を感じる。

今後10年以内に、日本国内の消費規模は縮小の一途を辿るだろう。近年かくも多くの経済刺激策が打ち出されたにも関わらず、所期の目標に何一つ達しないのもその前兆であろう。

現在日本は、技術面で依然米国を追随し、新規特許取得件数では世界第二のイノベーション大国となっているが、最終的にイノベーション力と特許件数を決めるのは高齢者ではなく若者だ。数学の分野では、凡そ21歳が絶頂期といわれ、その後偉大な業績をを残す数学者は非常に稀だ。 2012年5月、私は「アジアの未来」というシンポジウムに出席するために訪日した。期間中、私は多くの日本政府高官と言葉を交わし、その中で、とわりけ日本が如何にして人口問題を解決するのかについて彼らに見解を求めた。 彼らを刺激しないよう、「移民を受け入れるということは考慮しているか」とは問わず、「どうやって解決すべきか」とだけ尋ねた。すると、彼らの口から出る答えは、その多くが「産休と出産助成金の確保」というものだった。 私は失望した。助成金がどれほどまでの効果を発揮するというのか。同じような政策を実施した国を見てもその効果は非常に限られているではないか。これはお金で解決が図れるような単純な問題ではなく、人々のライフスタイルの変化、考え方の変化といった社会の総合的な要素がもたらした問題であるのだ。フランスやスイスのような出産支援策の成果があがった国であっても、そのプロセスは緩やかで、莫大な資金が投じられている。

日本は今、世界でなんら変哲もない平凡な国へと向かっている。当然、国民の生活水準は今後すぐには低下しないだろう。西洋諸国と違い、日本の「外債」は少ない。しかも、日本の科学技術は依然高水準で、国民の教育水準も非常に高いためだ。 これらすべての条件が時間稼ぎをしてくれるが、最終的には人口問題が暗い影を落とし、そこから逃げ出せなくなるだろう。もし私が日本の若者なら、他の国への移民を考える。日本に明るい未来は見えないからだ。

(作者:シンガポール元首相 リー・クアンユー