読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人はレイシスト

■水島真美(セインズベリー日本藝術研究所総括役所長)

在日韓国・朝鮮人への口汚いヘイトスピーチが一部で深刻化しているが、実は問題の根はそこではな い。自らを善良な市民だと考え、そうした差別主義者に対して眉をひそめる多くの日本人が潜在的差別意識 を持っていること。さらにいえば、そうした差別の存在に気付かず、対策を講じていないことが最大の問題だ。日 本人は、人種、性別、セクシャリティなどあらゆる差別を放置し続けている。

岩井克人

ぼくは日本人は百パーセント、レイシストだと思いますよ。日本のコマーシャルに典型 的に出てくるあの白人崇拝というのが、逆方向のレイシズムでしょう。アジア蔑視、白人優越 主義の裏返しですよね。もちろん、いろいろな肌の色の有名人も出ますけれど、それは有名 人だからなだです。つまり下士官根性の現われなわけですよね。上に媚びて、下に威張る というね。明治以来、日本は常にそうだったと思うんですね。そして、それと同時に、白人も ふくめた意味での外人排斥的なレイシズムもある。

■ケネス・ロゴフ

高齢化と人口減少が進む中、日本政府は、女性の労働参加の促進や高齢者の雇用維持、家庭に優しい労働政策の 展開に向けての方策を見いだす必要がある。とりわけ、日本は移民労働者を受け入れる環境をもっと整備する必要がある。 2020年の東京五輪開催に迫られて、日本政府は海外から建設労働者を受け入れる際の障害を取り除いた。しかし全体 的な進捗は遅い。高齢者をケアするために、より多くの看護師や介護労働者が何としても必要であるが、官僚や政治に よる移民に対する抵抗が深く根付いている。

■リー・クワンユー

日本人は移民排斥で有名な民族だ。いわゆる大和民族の純血を維持することは、日本人にとって当たり前の、 根深い考えのようだ。これが原因で、外国の移民受け入れにより出生率の問題を解決しようと、公の場で議論しようと する人がいない。日本の一般人にせよ、政治界のエリートにとっても、これは最初から選択肢でさえないのだ。

ポール・グレアム

たとえば日本にシリコンバレーが繁殖するのは難しいだろう。 というのも、シリコンバレーでの最も際立った特徴に「移民」というものがあげられるからだ。 シリコンバレーの人々の半分には、お国なまりがある。そして日本人は移民が好きではない。

■伊豫谷登士翁
日本人は自らの差別意識を水面下に隠し、正面から対峙してこなかった。それは在日朝鮮人問題をみて も明らか。移民に関わる議論はこの問題と向き合うことから始めるべきだが、そうすると「差別を助長するから入れないほうがいい」 という議論さえ出かねない。正当な議論をせずに思考停止しているという意味でむしろ罪深い。

■松谷明彦
日本人は、とかくアジア諸国などからやってくる労働者を差別し、 低く見がちだ。農業や漁業の分野では、「研修生」と称してかき集めた外国人労働者最低賃金以下の「奴隷的な」 低賃金労働を許しているとして、日本政府はILO(国際労働機関)から実態の報告を求められるなど、国際的には 「外国人労働者の人権を侵害してはばからない国」と見られている。

ポール・クルーグマン

日本が「未来の国」だなんて、長期的に見るなら大きな間違いだ。人口動態だけ見てもわかる。日本には、 出生率の低下に併せて移民への嫌悪まである。