読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本人は世界一純粋な血統だと判明!つまり世界一の近親相姦民族!

どの国民が単一民族


医学的には、韓国人、タイワン人、日本人の中で日本人が最も単一民族に近い。 単一民族であることを誇る朝鮮民族は2番目、タイワン人は3番目に‘純粋な血統’である。 キム教授は「造血母細胞の移植を希望する患者1人が全体の供与登録者のうち 最低1人からでも適合する造血母細胞を移植し得る‘移植確率’を分析すると、 どちらが単一民族に近いかが分かる」と説明した。 キム教授は国内の骨髄寄贈者4万2000人余り、日本骨髄情報銀行の寄贈者13万1000万人余り、 タイワン・ツジ(慈済)骨髄供与者登録所の寄贈者17万8000人余りを分析した。 確率が高いほど単一民族に近く、登録者が多いほど移植される確率が高くなるため、 3ヶ国の供与登録者を12万人に換算して計算した。その結果、韓国は70%、日本は80%、 タイワンは50%だったという調査結果が出た。

http://japanese.donga.com/List/3/all/27/210408/1

日本は世界トップクラスの近親相姦民族

f:id:JAPbuster:20170119140049p:plain

http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/14168401.pdf

 

日本の闇を暴こうとした民主党、石井紘基は口封じのために殺された。

f:id:JAPbuster:20170115131215p:plain

日本は近親相姦文化の国

歴史的に中韓は近親相姦を忌む思想なので兄弟婚、叔姪婚(おじおばと姪甥)いとこ婚や同姓(同じ苗字)婚などの近親婚は禁止
日本はむしろ推奨されていたから近親婚だらけ

●日本の王族・皇族
異母兄弟姉妹婚や叔姪婚やいとこ婚などといった近親婚の例が数多く存在する。
古事記』『日本書紀

●日本の兄弟婚
過去においては同父異母兄弟姉妹間の婚姻は許可されていた。用明天皇と異母妹穴穂部間人皇女の息子聖徳太子や、
押坂彦人大兄皇子と異母妹糠手姫皇女の息子舒明天皇などは異母兄妹婚で生まれた子供である。

同母異父兄弟姉妹間の結婚は珍しいが橘諸兄と藤原多比能のように同母異父の兄と妹が結婚することもあった。
『日中伝統家業の相続に関する歴史的考察 : 北京同仁堂楽家と三井家との比較において』

上代日本語では「兄(せ)」を夫の意味として使ったり「妹(いも)」を妻の意味として用いたりすることがあるが、
これについて『日本書紀』の仁賢天皇紀に異母兄弟姉妹婚を行っている家庭で異母姉妹である妻が夫について「兄(せ)」と表現している例もあることから、夫婦と兄妹は同一視されていた。
中村彌三次『祉會法學二付テ』

●日本の武士
親族間の結婚は上級武士に限らず、中下級の武士の間でも行われており、ごく最近まで階級の上下を問わずイトコ婚は珍しくなく、江戸時代には親族であることや家格が同程度であることが結婚相手として都合が良いとされていた
磯田道史『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』

●現代の日本の庶民
1983年の報告で日本の近親婚は3.9%
福江市における近親婚は7.9%
『1983年厚生省国立社会保障・人口問題研究所調べ』

農業後継者の確保等の要請から親族間の結婚が少なからず行われ、地域的特性から親族間の結婚が比較的多く行われるとともに、
おじと姪との間の内縁も散見され、そのような関係が地域社会や親族内において抵抗感なく受け容れられている例もある
最高裁判所判例平成17(行ヒ)354 遺族厚生年金不支給処分取消請求事件』

試し腹は日本の風習だった

陸前国(現:宮城県

明治初年(1868年頃)まで「聟(婿)の父親が花嫁と初夜をすごす」風習があった。これは、1883年2月15日付の「郵便報知新聞(報知新聞を経て現:スポーツ報知)」に掲載されていた[22](藤林貞雄著「性風土記」より)。

日本には根深い人種差別がはびこっている。

f:id:JAPbuster:20170111140809j:plain

http://imadr.net/wordpress/wp-content/uploads/2012/10/D4-4.pdf ★「人種差別は根深い」と主張 国連特別報告者ドゥドゥ・ディエン氏が非公式に来日 ・人権団体の招きで非公式に来日していた国連人権委員会任命の特別報告者ドゥドゥ・ ディエン氏(セネガル)は18日、東京都千代田区の外国特派員協会で会見し、「日本には 根深い人種差別がはびこっている。とくに米同時多発テロ以後は、外国人を排斥し 犯罪者扱いする傾向にある」と話した。 同氏は05年7月に来日。9日間の滞在期間中に人権状況についてヒアリングを中心 とした調査を行い、今年1月に報告書を発表した。その中で、日本には人種差別と 外国人嫌悪が存在し、アイヌ民族や沖縄の人びとなど“ナショナル・マイノリティー”と、 在日コリアンやその他の外国人に影響を及ぼしていると結論付けた。また、日本政府に 対し、人種差別の存在を公式に認め、独立した国内人権機関と差別問題専管部局を 設置することなどについて、24項目の勧告を行った。 会見で、ディエン氏は「日本には人種差別を禁じる法律が存在しない」と指摘。17日に 参院で成立した改正出入国管理・難民認定法で、16歳以上の外国人に指紋採取や 顔写真撮影を義務づけたことなどを批判した。 日本政府から報告書に対して公式の回答がないことや、日本のマスメディアがディエン氏の 報告をほとんど取り上げていないことへの感想を問われ、「日本のメディアを見ていないので 知らないが、問題にされないということはこの件の根深さを表している」と主張した。